スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

HANOI ROCKS FARWELL TOUR その3

昨日で終わったHANOIのジャパンツアー。
最終日のセットリストで悶絶…

赤坂ブリッツ 3月16日 月曜日

TRAGEDY
MALIBU BEACH
MOTORVATIN'
BOULEVARD OF BROKEN DREAMS
STREET POETRY
FASHION
GYPSY BOOTS
UNTIL I GET YOU
OBSCURED
HYPERMOBILE
HIGHWIRED
POWER OF PERSUASION
WHATCHA WANT
CAFE AVENUE
SELF DESTRUCTION BLUES
BACK TO MYSTERY CITY
A DAY LATE,ADOLLAR SHORT
I CANT GET IT
WORLDSHAKER
DONT YOU EVER LEAVE ME
DELIRIOUS
PROBLEM CHILD
11TH STREET KIDS
HIGH SCHOOL
ORIENTAL BEAT
///////////////
THIS ONE'S FOR ROCK'N'NROLL
PEOPLE LIKE ME
TAXI DRIVER
UP AROUND THE BEND

とぉ~~~~7曲も増えてる!!
大阪の翌日の名古屋で‘UNTIL I GET YOU‘が入ったのは、
まあ、あきらめつきました。
前回のLIVEで号泣しながら聴いて、コレは私のために大阪でセットに
入れてくれたんだ!と、強く思ったときにこの曲については満足したし。
だーけーど!
‘HIGHWIRED‘はアカン・・・
今回はやらなかったなー、やってほしかったなー
と、思っただけに悔しかった。

ま、LIVEに関しては、自分が出会ったものが最高!
と思うしかないのでこれくらいにしよ。

2005年に初めてHANOIを見た時に知り合ったHANOI友さんと再会。
彼はたしか私よりも10歳くらい年下だったのだけど、今回彼の
バンド仲間だという男の子と話してて・・・
えらく若いようだけど、なんでHANOI聴き始めたんですか?って話から
年齢を伺ったらなんと23歳!
「ファン歴長いんですか?」って聞かれたので、「ええ、あなたが生まれる
前からHANOIファンよ。」って、ついオバサン風を吹かせてしまったわ。
だっさーーー。




スポンサーサイト

2009.03.17 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

HANOI ROCKS FARWELL TOUR その2

今回の会場は、2005年と同じなんばHach。
最前列は無理だったけど、Andy前の2列目で見ることができた。
位置的にも2005年と同じあたり。
けど、後ろからの圧力は全然ケタ違いにすごかった!
私の前にはちょっと小柄な女の人がいたんだけど、私が挙げた腕が
その人に頭にモロに乗っかってしまって、「うわ、まずい!」と思うんだけど
動かせないし下ろせないし、ほんとに申し訳ないことだった。
ステージをよーく見ようと背伸びをしたら、ぐぐっと体が浮いて
自分の足で立ってない状態。
自分の左手、中央あたりのフロアを見ると、雛壇もないのにお客さんが段々に
なって積み重なってる!!いやーすごかった。

それもこれも、ステージ上のHANOIが最高にカッコイイから!

Michaelが歌っているときの真剣な表情が素敵。
時々見せる100%の笑顔がこれまた素敵。
動きの一つ一つが派手で華やかで素敵。

Andyはまったくシラフの様子で。
ピックを持った右手を伸ばして、中指で「オマエたち~いくぞ~」と呼びかける。
足は全然問題なくて、動きは軽やか。
ギタープレイも快調。

ConnyとA.C.はMichaelとAndyのフォローをバッチリきめる。
新加入のドラマーJolleは迫力あるドラミングで裏方に徹している感じ。

ほんとにバンドとしての姿は完璧!
一分の隙もないHANOIがそこにいた。

2009.03.14 | Comments(2) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

HANOI ROCKS FARWELL TOUR その1

とうとうこの日が来てしまった・・・
行ってきたぜーーーなんばHach!

時間を追って書くと終わらなさそうなので、まずはLIVEの感想を・・・
解散って、ほんとに受け入れられなくて、LIVEが近づいてもあんまり
うれしくなくて、複雑な気持ちばっかりだった。
だけど、LIVEを見た後は「なっっっっっとく!!!!!了解しました!」

2005年、2007年に続いてHANOIのLIVEはたった3回目だったけど、
前の2回と明らかに違うのは、とってもきっちりしたLIVEだったってこと。
「ちゃんとしたLIVEをやって楽しんでもらおう!」という気迫がね、
いつもはMichaelからビンビンに伝わってたの。
けど、今回はそれがAndyにも浸透して、「最後だから!!!」って
いう意識に裏づけされたステージングになっていることを感じた。

「Andy、大丈夫?がんばれーー!だけどやっぱ素敵!すごいわ!」
と、思わせるような危うさが全くなく、どこを取ってもカッコイイ!
で、その完璧さがかえってHANOIらしくなく感じて、ああ、もう終わり
なんだなと納得できた。

まぁーファンってわがままだわね。
その2へつづく。


OBSCURED
HYPER MOBILE
STREET POETRY
FASHION
BACK TO MYSTERY CITY
PEOPLE LIKE ME
POWER OF PERSUASION
A DAY LATE A DOLLAR SHORT
I CAN'T GET IT
SELF DESTRUCTION BLUES
WORLDSHAKER
BOULEVARD OF BROKEN DREAMS
DON'T YOU EVER LEAVE ME
11TH STREET KIDS
MALIBU BEACH NIGHTMARE
HIGH SCHOOL
TRAGEDY
  
ORIENTAL BEAT
TAXI DRIVER
UP AROUND THE BEND

プラス、どこかにCAFE AVENUE

2009.03.13 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

RAZZLEへ・・・

そちらはどうですか?
日本のHANOIファンは来年の3月が待ちきれないよ。
だけど、今年が終わってしまうのは嫌。
またHANOI ROCKSがこの世から消えてしまうから。
1回目と違うのは、Andy & Mikeが自ら決めた道だということ。

HANOI ROCKSを想うとき、心のどこかにいつもRAZZLEが
います。

2008.12.09 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

HANOIが・・・・

解散

LACUの脱退が尾をひいたんだろうか。
彼はバンドを「まとめて」いたんじゃなく、「つないで」いた存在だったのが、
ファンの目線からでもよーーくわかっていた、と思う。

次のアルバム、新作をひっさげてのツアー・・・
バンドが起こしてくれる新しいできごとを、待ってていいってことが
めちゃくちゃ幸せだった。
だってHANOIが存在するんだもの。こんな幸せって、ある?

おととい、久しぶりにHANOIのCDをかけた。
去年の10月は来日公演だったことを思い出していた。
なんか、そんなことまで何かの知らせだったのかな?って思える。

涙も出ないわ・・・


2008.10.22 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

Lacu脱退

ニュースを知って一夜明け、気持ちはずっと放心状態…
唯一無二のメンバーが5人集まったHANOIになった!って
思ってた。
正式に発表があった以上、ヨーロッパツアーが終わったら
LacuはもうHANOIのメンバーじゃないんだ…
ステージ以外のショットで、Lacuがいない写真って割と
よく見かけたんだよね。
「あぁ、Lacuいないなぁ、たまたまか?」って、固い結束を
信じていたからこそ何も疑うことなく軽く思ってたんだ。
こんな発表があったら、考えなくていいこと考えちゃう。
何か確執みたいなものがあったのかな…
実はLacuはいづらかったのかな…
なんて、いろいろ。

HANOIが大好きで、Lacuのプレイが大好きだった。
何言うのも虚しい。。。。。悲しい。。。。。



2008.01.28 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

Lacuが…(T_T)

HANOI ROCKSのドラマーLacuが、2月からのヨーロッパツアー終了後に
脱退するそうです。

HANOI ROCKS OFFICIAL SITE

Lacuのプレイ、大好きだった。。。
残念です。

2008.01.28 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

またこの日が…

12月が来るといつもに増してRAZZLEのことを思います。
日本時間だと明日になるけど、12月8日はあなたの命日。
現在進行形のHANOIを目の当たりにしながらRAZZLEを思い出す。
少し不思議で、少しだけ納得いかなくて、だけど現在がある。
RAZZLEが眠るワイト島に向けて、哀悼の意を。いろんな思いを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、Michaelはこんな雑誌の、なんと表紙を飾っている。
サックス&ブラス・マガジン
すごい!サックス奏者として評価されてるってことだよね。
記事のみならず表紙だもの!!

管楽器の世界から音楽を聴き、演奏し、見る、という、初めての視点。
管楽器は耳に馴染みは深いけれど、この雑誌を読むのは初めてだし、
こういう世界があるって知らなかったなあ~~と、いう印象だった。
よく知られた曲の管楽器パートを譜面にする、なんてページもある。
津軽海峡冬景色のイントロ、とか。
あぁ、これはサックスだったかー!という素直な発見。
譜割にしたらこんなリズムなんだってわかるのはすごくおもしろい。
耳に馴染んでいるようで、いかにぼ~~っと聞き流しているかという
発見でもあった。

2007.12.08 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

HANOI ROCKS ~心斎橋Club Quattro~その1

HANOI大阪、行って参りました。

2007.10.23 - 心斎橋Club Quattro, 大阪

1.Fumblefoot And Busy Bee
2.Hypermobile
3.Malibu Beach Nightmare
4.Street Poetry
5.Highwired
6.A Day Late, A Dollar Short
7.Bad News
8.Power of Persuasion
9.Teenage Revolution
10.High School
11.Fashion
12.Transcendental Groove
13.Back to Mystery City
14.Back In Yer Face
15.This One’s for Rock’N’Roll
16.Until I Get You
17.Don’t You Ever Leave Me
18.Tragedy
19.People Like Me
20.Boulevard of Broken Dreams
21.Oriental Beat

(Encore:)
22.Powertrip
23.Self Destruction Blues
24.Obscured
25.Up Around the Bend / Taxi Driver (Outro)

     nonkey37さんのParadise Cityより引用させていただきました。

まず特筆すべきはセットリスト。
新譜からはなんと15曲中11曲!これはめちゃめちゃうれしかった。
他の曲はどれをはずしてもいいから、新譜は全部やってくれても
いいと思うものの、そうは言っても7~8曲かなというのが予想だった。
思いっきりひっくり返してくれて、シアワセーー

Another hostile~からは1曲のみ。
これは意外だった。
新譜の曲が増えた分、どれを削るかというのは興味の対象だった。
前日の東京公演ではその1曲すらやらなかったそうな。
はーー、なんかバンドのこのアルバムに対する考えがわかるなぁ…
私は割と好きなんだけど。
たしかに「いかにもHANOI」な曲は少ないが、あえてHANOIらしさを
避けたその攻めの姿勢が好きだ。
新譜が「いかにもHANOI」だった分、2枚の間の振れ幅が際立って
そこがすごくいい。
・・・って、何でもいいんか??
何でもいいんですよ、それもこれもHANOIだし、カッコイイんだから!

話を戻して…
12shots~から4曲。
この4曲、過去の定番に近づくくらいの勢いや迫力ができて来たと思う。
安定感もあるし、いいコレ!!

で、過去曲で最大にびっくりしたのが16.”Until I Get You”だった。
HANOIファンにはおわかりの通り、このブログのタイトルはこれを拝借
してつけたもので、私の珠玉の1曲なのだ。
イントロでまずびっくり&感激、そして「For your love~」からは
当然一緒に歌う。そのうちに涙があふれて止まらなくなった。
ステージではMichaelがAndyをセンターに呼んで肩を抱きながら2人で
マイクを分け合ってサビを歌っている。
こんな光景を自分の目で見られるなんて、HANOIがこの世から消えてた間は
想像することもできなかった。
あまりに素敵なシーン。生きててよかった!!と思った。
涙を拭いている間にステージから目をそらすのがもったいなくて、そのまま
じっと見つめていたら、涙が湧いてくるおかげでほとんどマバタキをしないで
見ていられた。
そうやってずっと聴きたかったこの曲をしっかりと目に焼き付けた。
コーダの「Until I get you~」に入ってからもまさに号泣に近いくらいの
涙が流れて、後から顔にさわると頬もアゴもびしょびしょ。
それなのに曲が終わるとぴたっと涙が止まったのはなんかおかしかった。
そして発見…こういう泣き方をした後は目が腫れない(@_@)

過去曲はこの他に定番曲が8曲入っていたが、実は私はLIVE2回目にして
「過去曲なくてもいいや」と思っていた。
聴きたくないわけではないが、マストアイテムでもなかろうという感じ。
2002年に再生してから出した3枚のアルバムがそれぞれいい曲を持っていて、
過去曲に頼らなくとも十分に魅力あるLIVEができるだろうと。
それが”Until~”を聴いて少々思い直す部分ができた。
当然のことながら、HANOIは過去を踏まえてこそ今のHANOIでいられる。
それを確認する作業をLIVEでファンと一緒にやっているのかな…
…そんな気がしてきた。
”Until~”でこんなに感激するファンがココに1人いるんだから、他の曲にも
それぞれ思い入れを持つファンがいるはず。
定番曲はそういう思いを持つファンが多い曲、という位置付なのでしょう。
アホですな、今の今まで気がつかなくて。
HANOIはこれからいろんな曲を掘り起こして、いろんなファンの思いを
少しずつかなえていってくれるんじゃないかなぁ…なんて期待すら感じた。

LIVE話のセットリスト編、一応終わり。たぶんつづく。

2007.10.25 | Comments(4) | Trackback(1) | HANOI ROCKS

前日に思う

週末は地元の秋まつりで忙しく、何を考えるヒマもなかった。
今朝は家族全員、前日の疲れで寝坊気味、あわただしく支度を
して登校&出勤。
なのに一応カレンダーを見て「明日やな」と言ってくれる
主人はめちゃめちゃええヤツやと思った。
集金に行く道すがら、やっと1人になれてじわーーーっと明日の
ことを思い始めた。
し・か・し!
今日は子供たちの用事がてんこ盛り、明日が来ても段取りが
できなければ電車には乗れない。
なんだーこの緊張感(笑)

明日はHANOI ROCKS大阪公演。
無事に行けますように。
アクシデントがありませんように。



2007.10.22 | Comments(3) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

«  | HOME |  »