スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ロックカフェぽおる~8

「ぽおるのママdeath!!」

ある日の夕方かかってきた電話です。
そう、ロックカフェ『ぽおる』のママさんからお電話をいただいたのです。
あーーーびっくりした!
用件は、10月30日の夜に催されるヘビメタパーティーのご案内でした。
ロックグッズの出店アリ、完全コピーバンドの出演アリの企画だそうで、
「万が一来られるようなら、K2さん是非いらして下さいね!」とのことでした。
ありがとうございます~~~~~♪
しかし

うう、高知は遠い…
ついでに夜の外出は難しい…
子供たちよ、もっと大きくなあれ。
一緒に行くなり留守番するなり、キミたちの自由だから…
とりあえず今はCDをいっぱい聴かせて、準備準備。

今、夜中の1時過ぎ。もうパーティーはおひらきになったかしら?

それから、11月からの移転OPENが決まったのだそうです。
先日ご紹介したお店よりもスペースが半分くらいで、
バリバリヘビメタな店構えになったとか。
おめでとうございます!!
近いうちに必ず伺います(^o^)
今度はデトロイトロックシチューをご馳走になりたいですねっ。


スポンサーサイト

2005.10.31 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々コレ好日

それから

猫が来てからもうすぐ3週間。女の子だけど、名前はアンディ。

Andy M


この方が元祖Andyさまです。アルバムのお話もどこかでまた。

性別を確認する前に「アンディはどう?」と息子に提案したら「うん!いいね!」と言ってくれた。ええヤツじゃ。

もらってきた日・・・
居間で放すとテレビやらおもちゃ棚やらの後ろに隠れてしまう。まさに"借りてきた猫"状態だ。猫らしい仕草がまったくなく、警戒心いっぱいで、片時も安心できない感じがありありと見える。隠れるのはいいんだけど、掃除を怠けているから出てきた時には体がホコリだらけ。。。と、いうことで、やわらかい紐でつないで、空き箱にタオルを敷いて居場所を作ってみた。猫は狭くて体が包まれる感じの場所が落ち着くのだ。そして夕食の支度もそこそこに、そばにいて顔や体を撫でていると、少しずつ落ち着いた様子を見せ始めた。

とりあえず、隠れても体が汚れないようにテレビなどの家具の裏を必死で掃除した。翌日放してみると、前の日のように急いで隠れたりはしなかった。一応自分の家と認識したようで、よかったよかった。

Hit&andy2


息子Hitとアンディ。アンディの目が迷惑そうなのは気のせいかしら・・・???(笑)
オツムの程度がほぼ同レベルと見えて、Hitは本気でAndyを追いかけ回していじめる。アンディは本気で逃げ回る。でも猫は成長が早いから、すぐに相手にしてもらえなくなって尻尾で笑われるようになっちゃうんだろうな。
子猫らしくいろんなものにじゃれつく。とことこと歩く子供の足元に小さな猫がまとわりつく光景はなかなかいいものだ。仕事が増えて忙しくなったけど、飼ってよかったな~としみじみ思う毎日。

目下、アンディをいつお外デビューさせるか思案中。
ここいらは田舎だし、周りには猫仲間も大勢うろうろしている。外の方が楽しいこともいっぱいあるはず。昼間は留守にするので、自由に家に出入りできないことがネックかな。昔の家なら、猫が出入りするくらいの隙間はいっぱいあったのにね。屋根づたいに2階の窓から、ってのも無理。うちは総2階建てのマッチ箱のような家だから。これから寒くなるし、どうしよう…

2005.10.22 | Comments(0) | Trackback(0) |

よろしくね

ついについについについに、猫を飼うことになった。

Andy登場


主人の職場近くで行き倒れ寸前のところを保護されたそうで、まだ手のひらに乗るくらいに小さな子猫だ。早速息子を連れて見に行ったところ、一目見て「母ちゃん、かわいい!欲しい!!飼おう!!!」ということで、連れて帰った。

私は猫が好きで、実はずっと飼いたかったのだが、いろいろ考えて機会をうかがっていた。特に子供が生まれてからは、彼らが何らかの動物を「飼いたい!」と訴えて来た時にそれを叶えてやろうと思い、それなりの歳に成長するのを待っていた。
自分自身が子供の頃、捨てられた動物を見つけて連れて帰りたいと思った記憶がいくつもある。そして自分の子供がそういう機会にめぐり合ったら・・・

「お母さん、このコ飼ってもいい?」
「ん~、ちゃんと世話ができるならいいよ」
「やったぁ~~~~!」

なーんて会話をしてみたかったのだ(笑)
会話はオマケとしても、子供たちが自ら「飼いたい」という意思を持って喜んで新しい家族を迎えられるような出会いがあれば、その時が時期だと思っていた。少々予定が狂い、子供が拾って来たわけじゃなかったけど、息子は「オレサマが抱っこして帰ったのサ」と大満足。出かけていた娘も猫を見て大喜びだった。主人は職場で「引き取ってくれてありがとう」と言われたらしい。そして私は結婚以来の希望が叶ってほくほく。
小さな猫が人間4人をかなり幸せにしてくれた。これからもよろしくね。

3日後は、12回目の結婚記念日・・・(^^)


2005.10.08 | Comments(2) | Trackback(0) |

がんばるぞ

昨日は誕生日だった。言わなくてもいいけど38回目。
実家から秋祭りの案内があったので家族で出かけると、弟一家も帰省していた。同じ年頃の子供が2人と、1歳半になる男の子、Takちゃんの3人きょうだい。このTakちゃんがめちゃめちゃカワイイ(^^)
息子一家とはめったに会えないおばあちゃん(=私の母)も、当然この末っ子ちゃんがかわいくてベタベタだ。その隙を狙ってK2おばちゃんは彼を抱っこしまくった。

そして今朝。起きると体が変にだるい。子供たちを送り出した後「3分でいいから・・・」と、横になってしまう始末。それを見た夫が一言。「Takちゃん抱っこしたのがこたえたんやろ」

がーーーーーーーーーーん!!!!!

たしかにそうだ…久しく忘れていた小さな子供の感触がうれしかったけど、同時に緊張もしていた。自分の抱き方がなんだかぎこちないような気がして。言われてみれば肩のあたりがこわばっているような気がする。
子育てって大変なんだ…
ギシギシ音をたてている自分の体があらためて教えてくれた。よくこんなの毎日抱っこしてたもんだ。

ソファに寄りかかって目を閉じている私に、夫が追い討ちをかける。
「エルメスさんも見る影もないなぁ」目を開けると、化粧してない私の顔をじっと見ながらそんなこと言っている。
それは何?「これでも昔はかわいかった」という意味の褒め言葉?「けっこうトシ食っちゃったねぇ」という意味の溜め息?
と言うよりも…「エルメスさん」に例えること自体間違ってるし。

子供たちは小学生になって、自分しだいでできることがいっぱいあるような気がしている。エルメスさんは無理でも、とりあえず見苦しくない見てくれも大切だと思う。まずは毎晩飲んだくれるの、やめないとね。週4日くらいにしよう…。とってもヘタレな38歳の決心。


2005.10.03 | Comments(2) | Trackback(0) | 日々コレ好日

ぼちぼちいきましょ

STING、早速いただきました!

・・・ヤバイです。
Charさんがおっしゃってた通り、「甘くなくていい」です。
グレープフルーツのリキュールとウォッカがベースのようで、塩抜きのソルティードッグという感じ。アルコール臭がしないしグレープフルーツの100%ジュースのような口あたり。おいしい~~~~♪
でもね、アルコール分がなんと6%!ビールのような調子で350ml缶を空けたらヘロヘロになってしまいました。

ガンガンいっちゃ~ダメ。やっぱオトナのお酒ですよ!!

2005.10.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々コレ好日

«  | HOME |  »