スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ドキドキの夜

先ほどクリスマスプレゼントの包装を済ませた。
Naoが小3、Hitは小1。
2人はサンタクロース宛の手紙を机の上に残してベッドに入った。
それぞれ希望の品があることは承知だが、いつも本を選んでいる。
「希望のプレゼントではないけど、サンタが○○ちゃんのために
選んだので楽しんでね」という内容の手紙を書いておくと特に
文句は言わない。

まずはHitの手紙。
空欄のカッコがあり、「なまえをおねがいします」と書いてある。
ぷぷっ(^^)
希望の品はトミカシリーズのなんとかかんとか…
サンタからの返事を書いて、「しゅくだいとけいさんカードを
がんばって」と書き添える。

今年はNaoの手紙にぶっとんでしまった。
おもしろかったので、一部抜粋。
「サンタさんのたんじょう日はいつですか。わたしのたんじょう日は
○月○日です。サンタさんのたんじょう日にサンタさんをおいわい
したいです。」
なんて優しいムスメなんだ…(←親バカ)
急いでネット検索。
12月6日がサンタクロース(=セント・ニコラウス)の誕生日という説が
あるが、一方それは間違いで、実はこの日は命日だという説も。
仕方がないので「むかしの人は自分の誕生日を知らない人も多かった
のです。私もそうです。だから今日ということにしましょうか」と
返事を書いた。
一番いい加減な答えだったかも(^^;;;

サンタさんにとびかかったり、一緒に外へ出たりしてはいけないからと、
アンディはリードにつながれて「サンタさんの邪魔したらダメよ」と
言い含められていた(笑)

準備はできた。おやすみなさい(^^)


スポンサーサイト

2005.12.25 | Comments(2) | Trackback(0) | 日々コレ好日

こんなパーカー

KISS-Kids

知人から「こんなの持ってる」と聞いた主人が「いらないんならちょうだい」と
頼みこんでもらって来てくれた。
EOS KISS DISITALのCMに出てくるKISSメイクの子供たちがプリントされた
フード付トレーナー。サイズは140cm、つまり子供サイズ。
EOS KISSを買ったら引換券のようなものがついていて、それを送ったら
もらえたとのこと。
やっぱ大きな買い物をするとオマケも大きいんだなぁ(憧)

Kids-Andy

バックプリントはワンポイント。
携帯カメラなのでわかりにくいけど、EOS KISS DISITALのロゴマークだ。

Kids-背中

あのーすみません、ジャマなんですけど…

これが着られそうなのはNao。
せめて150cmサイズなら、無理すれば着られるのに。
え?誰がって?

わ・た・し!!


2005.12.16 | Comments(2) | Trackback(0) | KISS

アミーゴ

修二と彰


"青春アミーゴ"
昔の歌謡曲風で、ドラマティックなイントロにそそられる。
親子でハマって、買ってしまった。
フリツケもあるらしくて、友達が「こうするんで」(←思いっきり方言)って
教えてくれて、DVDを貸してくれる約束をした。
ドラマ"野ブタ。をプロデュース"もおもしろくて好き。
今週が最終回か…どうなるんだろ?

そんなこんなで先週美容院へ行った。
オーダーは彰のセリフ風に「しゅ・う・じ・クンでお願い。」
ゆるくパーマがかかってるそうで、カット&パーマで\8,000ナリ。
悪くはないんだけど、これが修二かと言えばなんか違う(笑)
だけど前髪が長くて邪魔で、家ではゴムかクリップで留めてる。
これは修二と同じだ。
・・・ま、気分のもんだから(笑)




2005.12.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々コレ好日

RAZZLEのこと

8日の記事を読み返して…
やっぱ自分の頭の中が整理できてないんだなーと改めて思った。
全然まとまりがないんだもん(苦笑)
8日のうちにUPする!という目標がなかったら下書きのままで終わって
いたかも。それくらい言葉が浮かんでは消えてキーが打てなかった。

RAZZLEが亡くなって、HANOI ROCKSというバンドが消えていく様を見て、
誰にも代わりができなかったRAZZLEの不在がただ悲しかった。
HANOIが解散してしまったのは残念だったけど、存在し続けることが
不可能だったんだということに妙に納得できた。

私はRAZZLEがいたHANOIも今のHANOIも大好き。今のドラマー、Lacuの
プレイは大好きだ。
だけど、昔の曲をLacuがプレイするとなんだかスマート過ぎる気がして、
ちょっと違うなーと感じてしまう。
逆に今のHANOIはRAZZLEのスタイルとは全然違う。きっと合わないと思う。
こんな風に考えてるといつも話にオチがなくなる~~~。
同じなんだけど違うバンドみたいな不思議な感覚。

今日もまとまりがないまま終わり。
昔と今を比べるのは意味ナシ!ってことかな。
ただ、誰も悲しい終わり方をしないで欲しいと切に思う。
それだけ。





2005.12.11 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

HANOIと出会った頃

今日はRAZZLEの命日。(墓石にはイギリス時間の9日と刻まれている)
LAでモトリークルーのメンバーとパーティーのさなか、飲酒運転のヴィンス
の車の助手席に乗り、買出しに出かけて命を落としてしまった。
あれから21年も経ったんだ…

HANOIのアルバムを全部買い揃えたのと、RAZZLEが亡くなったのと…
どちらが先だっただろう?
私がHANOIと出会ったのは解散前の最後のアルバムTwo Steps from the Move
が発表されてからだった。
その1枚でハマりにハマって、既出の4枚のアルバムを買うために
お小遣いや自分の貯金をかき集めた。
RAZZLEが亡くなったのはHANOIと出会ってほどなくしてのできごとだったはず。
私にとっての第一報は東京へ転校して行ったユキちゃんからの手紙だった。
その頃はROCK雑誌が唯一の情報源だったから、何かニュースが入るのは1ヶ月
に1回。
その手紙以外に確かめる方法もわからず、ただただ悲しかった。

その夜はずっとHANOIを聴こうと決めた。
いつまでも部屋の灯りがついていると親が覗きに来るので、
とりあえず電気は消して寝たフリをして、ヘッドホン装着。
隠し持っていたウィスキーをコーラで割ってヤケ酒。
酔いがまわると耳が麻痺して、ボリュームをどんどん上げた。

アメリカ進出の足掛かりをつかみ、さあこれから!という時に
亡くなってしまったRAZZLEの無念さ、そしてHANOIのこれから…
考えたら考えただけ悲しかった。

RAZZLE


ライヴビデオ「燃えるロンドンナイト」のおまけについていたポスターのRAZZLE。
このポスターには1人ずつ写った写真がレイアウトされていた。
5人のメンバーそれぞれの個性がにじみ出ている気がして、それぞれの
ベストショットじゃないかと勝手に思っている。
もちろんRAZZLEも。


2005.12.08 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

«  | HOME |  »