スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

刷り込み

子猫だったアンディはすっかり大きくなった。雨が降らない日の日中はたいてい外で過ごしている。誰か人間が家に居る時は、暑いので玄関は開けっ放しだ。当然アンディの出入りも自由。それは問題ないのだけど、ほぼ毎日"獲物"を持って帰って来るのだ。たいていはトカゲ。

飼い猫は何か獲った時、それを家人に披露したがる。人間の子供のように「ほらっ、お母さんこれ見て!!」とは言わないが、例えて言うならそんなところ。人に見えるところへわざわざ獲物をくわえて来る。アンディはトカゲを台所のラグマットまで運び、そこで放しては捕まえ、放しては捕まえして遊んで私たちにアピールする。

私の実家でも猫を飼っていた。猫が何かを獲って来ると祖母と母が「かしこいな、よう獲ったな」と褒めてやっていた。そして私にもこう言うのだ。「ヘビでも何でも獲って見せに来たら、気持ち悪ても褒めてやるんで。」そうしないと"ネズミを獲れない猫"になってしまうから、というのがその理由だった。

親の刷り込みとは恐ろしい。アンディがトカゲを獲って来たのを見て騒いでいる子供たちに「アンディはトカゲが獲れたのがうれしくて見せに来るんだから、怒らんと褒めてやるんよ。」と言い聞かせている自分がいた。

今ではNaoがすごく気持ち悪そうな顔をしながら「アンディかしこいな~トカゲ獲るの上手やな。」と声をかけてやっている。

我が娘にも刷り込みが完了したようだ。

スポンサーサイト

2006.06.20 | Comments(4) | Trackback(0) |

まだ大丈夫(?)

暑い。普通に暑い毎日である。
思わずTシャツをまくり上げたら腹が出てしまったので
「小力です。」と言ってみたら、
子供たちから「そんなん違う!」
「もっとお腹が大きくて」「パンツの上にこうやって…」
と、いっせいにダメ出しを食らってしまった。

・・・・・よっしゃぁ!(^o^)o

2006.06.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々コレ好日

«  | HOME |  »