スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

You got the BEST !!

UDO FESTIVALに行って来た。
行けないものと一応あきらめてはいたものの、もしもの時にはキメるつもりで遊びもお稽古も、仕事まで交代してもらってスケジュールを空けておいた。
もしもが現実になり、決定したのは前日。帰宅したダンナに最終確認したのはもちろん夜。それでもセーフ!行けることには変わりない。夜中の11時半、ローソンへチケットを買いに走ったのだった。

今回は(今回も!かな)どうしても行きたかった。なぜなら日本初のKISSの野外LIVEだからである。
屋根がある会場では消防法がきつくてパイロや花火等の仕掛けに限りがある。(それでも十分スゴイんだけどね)野外となれば、どれだけのものが見られるのか…???名古屋と福岡の単独公演も組まれていたが、平日でもありあまり興味はそそられなかった。とにかく野外!これが今回の見所だと思っていた。

紆余曲折あったがすべて省略!とにかく行ける!!
家を空ける支度を整え、自分の準備をしてたらほとんど寝る時間なんてなかったけど気分は最高。

今回も会場ではKISS仲間さんたちとご一緒させていただいた。LIVE経験が豊富な地元大阪のARMYさんが確保して下さった場所がホントに最高だった。スタンディングの客席スペースは4分割されていて、ステージに向かって右側、後ろ側のブロックの真ん中だったのだ。見れたらいいやくらいでのほほんと参加したのに、これは申し訳ないくらいにありがたいことだった。

LIVEはもう最高だった!!!!!!!!
期待どおり、パイロに花火、鳴り物の仕掛けがすごかった。しょっぱなのDRCの「ぼ、ぼーーーん!!」からして違う!すごい!本当にすごい!!
LOVE GUNのラストの「ばばばばっ!ばばばばっ!」
I was made♪(ぼぉ~ん!)
シンちゃんのドラム台が吊り上げられる時には前側のプロペラ花火、下がる時には後ろ側のプロペラがしゅばしゅばーー。
ステージ後方から打ち上げられる花火は大きな弧を描いてステージを包み込んで消える。
一つだけ惜しかったのはHeaven's on fireの火柱。会場は少し風があって、ぼわっ!と柱になるはずの火が風にあおられて柱の形にならずに飛び散ってしまった。屋内だったらこれが失敗することはまずないはず。初めてアリーナで見た時、頬に熱風が吹き付けてぼわっと目の前に火柱が上がったのが強烈に印象的だった。武道館の2階席までも、その熱風は伝わって来たような感触があったのに。

最後の最後に花火が上がってパイロが炸裂した時には"開いた口がふさがらない"状態で、ぼぉ~~~~~~~っとしたまま、だんだんと静かに、そして暗くなっていくステージを見つめていた。

こうやってすごい仕掛けを目の当たりにすると、何よりも音楽を引き立てるための仕掛けであることを改めて感じた。演奏と、パフォーマンスと、それをより魅力的に見せるための仕掛け。だからこそ、火柱が形にならなかったことがこんなに残念なんだ…。
LIVE中の花火を上空から撮った映像なんかもあるけど、あれは違う気がする。すごいってことは伝わるけど、ステージと一緒に見せないのはちょっと違う。これは実際に客席にいないと絶対に実感できないことだと思った。

幸運にも行くことができた今回のLIVE。やっぱりLIVEは行ってなんぼだ。
だけどね、行けない悔しさだって私はわかる。日常生活って、行きたいLIVEよりも優先しなくちゃいけないことだらけ。だから、今回行けたことは私の宝物。宝物なんて、そうしょっちゅう手に入るモノじゃないと思うから、ありがたく大切に思って毎日笑っていようと思う。



スポンサーサイト

2006.07.26 | Comments(0) | Trackback(0) | KISS

ご出勤

私の職場は自宅から徒歩2~3分の超至近距離だ。
しかし、昨日や今日のようにざぁざぁ雨が降ると、これくらいの距離でも足がびしょびしょになってしまうのは必至である。
こんな時は、いつもはあまり気にならないことが超ラッキー。
ほぼ同時刻に出勤する主人の車…
助手席は弁当箱の定位置なので、後部座席の助手席側VIPシートに颯爽と乗り込むとこんなセリフの一つも言いたくなってくる。
「パーカー、やってちょうだい。」

ああ、ありがたや、我が執事殿…。

2006.07.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々コレ好日

(ToT)

KISS WEEKだ。
昨日は名古屋、明日は福岡での単独公演。
そして週末のUDO FES。
行けるとしたら・・・と、考えまくった。
無理してできないことはなくなると、
人間あきらめが悪くなるんだなぁ~~~

KISS ONLINEをちょっとのぞくつもりがセットリストまで
見てもうた…
あーーもう~~~~~!!!!!

2006.07.19 | Comments(2) | Trackback(0) | KISS

んもぉ~~~~

“デップとブルーム”ってね…
なんでコニーがジョニー・デップと??
と、反射的に思う人もいる(^^;;;

2006.07.11 | Comments(0) | Trackback(0) | HANOI ROCKS

ワークショップ

こんなワークショップに参加した。
講師のルカさんは、アルチンボンドという画家の作品(果物を寄せ集めて人の顔を描いた絵が代表的。リンクしていいかどうかわからないので検索してね。)にインスピレーションを受けたということで、それを実践しよう!という試みだ。要は、ある材料を使って全く別のモノを造り上げる、ということ。

工作2

材料は全て廃材。鉄工所や手芸店などの店舗でいらなくなった物を集めて来たようだ。
10時に集合して簡単な説明を受けた後、作業開始。
「ここは夕方5時まで開いてますから、どうぞご自由に。」
ありゃりゃ、そんな大仕事になるんかいな???
工作2

作業が始まってみると、一番ツボにはまったのはHitだった。
臆することなく材料を集め、さっさと並べていく。
30分もしないうちに「できた」
彼の中では製作終了だが、自分のイメージを並べただけなのでそれらを接着させる作業が必要。しかし本人の気持ちは次の作品に飛んでしまっているので、私が並べられたボルトやら何やらをホットボンドで固定させる。必死で接着作業をしていると、「あ、そこはひっつけたらいかん。」とか言われてビックリ。動くイメージのところは動かせるようにしておきたいようなのだ。
工作3

そんなこんなで、Hitは午前中に作品(?)を3つ作り上げた。材料を適当に組んで置いただけ、に見えるが、彼の頭の中には明確なイメージがあり、それを表現しているらしい。作品のどこかを指差して「これは何?」と聞くと、必ず何かしらはっきりと答えが返ってくるのがその証拠だ。
作品のタイトルを聞かれて、1つは「テポドンの発射基地」と答えていた…

Hitは午後にも2つ作品を完成させた。Naoは1日で2品、私は1品。
彼は「何を作ろうかな~」とか、「どうやって作るの?」とかいう疑問を全くもたないところがすごい。「さあ、作ろう!」と思った時にはもうアタマの中に作りたいモノのイメージが沸いているようなのだ。そして、1つが終わると即、次のことを考えている。
なんか、うらやましいなぁ~~~。

2006.07.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々コレ好日

«  | HOME |  »