スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

発表会鑑賞

過日ではあるが、友人がお友達とご一緒に主催されたピアノコンサートを
鑑賞させていただいた。
さまざまな年齢の生徒さんたちの演奏や、友人の伴奏する姿、そして
最後のプログラム「講師演奏」を楽しみに聴かせていただいて、
はや3度目になる。
彼女が先生として伴奏している時の優しくて楽しそうな表情がとっても好き。
一転、ピアニストとして演奏している時の緊張感は素晴らしい。

以下、同行したNaoが連絡ノートに書いていた感想を無断転載(笑)

「今日、友達の出るピアノのコンサートを見に行きました。
私が一番心に残ったのは、ピアノだけでひく『 ----------』でした。
ゆっくりのところ、早くするところ、強弱がとてもついていました。
出だしを大きくするところは、ひいたと同時にイスから少し
とびあがっていました。
とても聞きごたえがあって楽しかったです。」

演目の『 ----------』は、Naoが校内音楽会の合奏で指揮を担当した曲。
音楽の時間の練習の他にもCDを聴いたり、ブラスバンドの指揮者の方に
教えていただいたりして、けっこうがんばっただけに、同じ曲を違うアレンジで
聴くのは新鮮で興味深かったようだ。
ほんとに素直な感想で、読んでて母はうれしかった(^^)

スポンサーサイト

2008.12.08 | Comments(0) | Trackback(0) | MUSIC

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »