スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ヘアスタイル

ファンタさんは最近できた新しいお友達の1人。彼女はご自宅でピアノ教室をなさっていて、服装や雰囲気は私とは対極な感じ。Tシャツ、ジーンズにスニーカーな私に対して、彼女はいつもストッキングを履き、要クリーニングな服を着ている方だ。そして髪型は、今時珍しいワンレングスのロングソバージュ。それが見事に似合ってファンタさんの雰囲気を作り上げている。
「鋤いたりしてませんよね?」と質問してみたところ、スゴイ答えが返ってきた。「ええ、全然。私ね、欧陽菲菲が目標なんです。頭にボリュームがないのは嫌いなのよ。」
おぉ~~~~~!!!
美容院では「本当に鋤かなくていいの?レイヤー入れようか?」と毎回うるさいほど言われていたらしいが、「最近やっとわかってくれたみたい」で、すんなり注文を聞いてくれるようになったのだとか。
たしかに、美容院で流行からはずれた注文をすると、「ホントにそれでいいの?」という感じの答えが返ってくる。ファンタさんのようなワンレングスが大流行だった時代、「てっぺんを短く、全体にレイヤーを入れて鋤いて下さい」という注文をしてもなかなか思い通りにしてもらえなかったことを思い出した。「レイヤー??せっかくここまで伸ばしたのに?揃えればいいじゃない。鋤いたら毛先がハネるよ。」とか言われて。伸ばしたんじゃなくて、ほっといたら伸びただけ。私は昔から動きのある感じが好きなのだ。
今時は鋤いて軽く見せるのが主流のようで、その点は苦労がなくなったけど、はずれてるところも多々ある。ファンタさん風に言えば、私はこちら↓が目標なのです!

Micael Monroe

スポンサーサイト

2005.09.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々コレ好日

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »