スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

イタリアはいかが?

Piccaso


結婚して3~4ヶ月たった頃、夫と私は1軒の画廊の前を通りかかった。
その時やっていた企画展に興味をそそられ、店を出る時には社長の名刺を
いただき、私たちの名前と住所をお渡ししていた。
その時は何も買わなかったような気がするけれど、それ以来近くへ出かけた時
には必ず立ち寄る店になり、白い壁に何の飾り気もなく殺風景だった自宅は
購入したリトグラフやポスターで彩られていった。

数年後、社長は店をたたんでイタリアへ旅立たれた。

さらに数年がたち、ある日メールをいただいた。
フィレンツェに滞在する旅行者のお手伝いを企画されているとのこと。
あわただしく風のように通り過ぎていく日本人旅行客をご覧になり、
違うスタイルの旅を提案したいとの思いからだそうだ。

フィレンツェ市内のアパートを拠点に、市内を観光するもよし、近郊の
都市へ小旅行もよし。
街に滞在して、買い物をして、食事をして、遊んで…
都市から都市へ移動ばかりのツアーにはない楽しみ方がきっとあるはず。
そんな旅のお手伝い、例えばアパートの使い方から始まって、バスの乗り方、
買い物等々、初めてならば戸惑うことを支障なく過ごせるようにお手伝いして
差し上げたい…

ツアーとは違うイタリアの楽しみ方、いかがでしょうか?
「PCは苦手だ」と公言なさる社長からPRの方法について相談されたり
しているのだけど、私だってこのブログがスキルの限界(苦笑)
フィレンツェに居ながらにして、日本で営業活動ができちゃうんだから、
ネットはすごい。すごいけど、どうすればいいんでしょ????

画像は閉店セールの時に買ったピカソのリトグラフ。
もちろんオリジナルではない(笑)

いつか…
小さくてもいいから本物を手に入れるのが、私のささやかにして
大きな野望・・・


スポンサーサイト

2005.11.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 日々コレ好日

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »