スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

カッコいい!!!!!!

Char "天邪鬼Tour" 4/3/'06 なんばHach

CharさんのLIVEに行った。
'90年にPINK CLOUDを聴いてハマり、Charさんを聴き続けてきて
初めてのLIVEだ。
後ろの方からゆったり見るつもりで、20分前に会場入り。
コインロッカーに何もかも預けてホールに入り、卓スペースのすぐ横、
スロープを上りきったあたりの場所を確保した。

だいたい10分遅れでIntroの曲が流れて、Charさんがステージに登場した。
このあたりはまだ普通の私。「Charさーーん!」と叫びながら手を振り、
曲が始まると一緒に歌って手拍子を入れる。が、他のオーディエンスの
様子が今までに見たことないくらいおとなしい。
むやみに手を挙げたり、頭の上で拍手したりしないんだよね(^^;;;

ステージ上のCharさんは本当に素敵でカッコイイ。Bandはうまいし。
だけど、ドラムの音(特にスネアの音)がちょっと気になった。
自分のイメージだと、もう少し繊細な感じの音で聴きたいなーという
感じ。

2曲目に入ると、ノリノリな私はどこかへ行ってしまった。
Charさんがあまりにカッコよくて、体が動きを止めてしまったのだ。
スリリングな感じのTokyo Nightという曲だったのだけど、なんというか、
魂を奪われるという表現がぴったりで、目と耳がCharさんに吸い寄せられて
動けなくなって呆然となっていた。
1曲目であんなに気になったドラムの音も完全にCharさんのギターの
後ろに隠れたような音に聴こえる。
その状態は数曲続き、少し軽い曲でノセられて体が動き出した。
だけどまた何かの曲で動きが止まり呆然。
これをLIVEの間に何度か繰り返したのだった。

アンコールにも応え、締めは大好きな曲"Smoky"
これは世界中全ての曲の中で一番好きって言えるくらい好きな曲。
生で聴けたらどんなに幸せだろうとずっと想像し続けてきた。
なのにねぇ…「Smokyだった」ことしか覚えてない。

オーディエンスがおとなしいのはちゃんと聴いてるからなのだと
合点がいった。
いつも聴いていたCharさんの声、ギターの音が聴こえる…
画面上でしか動いていなかったCharさんが目の前でプレイしている。
夢を見ているみたいだった。
正気と気絶を行ったり来たりしながら、LIVEは終わった。
カッコよくてすごくて素敵なCharさん、これからも聴きつづけます。

スポンサーサイト

2006.03.07 | Comments(2) | Trackback(0) | Char

コメント

おお!

Charをご覧になられたのですね!!私もみたいんですが、なかなか。
大人なライブだったようですね♪
Charさんは、新婚旅行に向かう新幹線の車中でおみかけして、横を通る時に「闘牛士」を小さな声で歌ってすりぬけたという思い出がありあす。若気のいたりです・・・はい・・・

2006-03-08 水 15:32:54 | URL | DAMIEN #nLnvUwLc [ 編集]

はい♪

アーティストによって会場の雰囲気が違うというのは当然なのですけどね…ROCK系じゃないならまだしも、これほどとは(^^;;という感じでした。
今更ながら本当にすごいアーティストだと実感しました。
DAMIENさんはCharさんと新幹線に同乗なさったのですね!うらやましい・・・

2006-03-09 木 11:38:05 | URL | K2 #- [ 編集]

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »