スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Set Listより~1

11.Songs

Charさんに限らずだが、普段CDを聴くのは運転中ばかり。
LIVEに行けることが決まったのは6日前。曲とタイトルをリンクさせる
のがやっとで、じっくり歌詞を読まないままだった。
大阪へ向かう電車+新幹線の中でようやく歌詞を読みながら聴くことが
できた。
そこで思わず涙が出そうになったのがこの曲だった。
「君が僕だけのためを思って作ってくれた歌を、歌い続けるよ」という
内容のメッセージソングであることに初めて気がついた。

"君"は男なのか、女なのか?
たった一人の誰かを強く思うこと。
歌を作ってくれた"君"はどこかへ行ってしまった人なのか?それとも
ずっとそばにいる人なのか?

いろんな思いが湧き上がってきた。
歌詞には「歌は世につれ、世は歌につれ」なんて言葉も入っていて、曲調と
あわせた軽妙さだけが耳に残っていたが、こんな内容だったなんて。
そして、LIVEでその謎が解けるなんて。

この曲は、昨年亡くなったNSPの天野滋さんに捧げた曲なのだそうだ。
天野さんはCharさんがデビューした頃に曲を書いてくれた方だ。

04.空模様のかげんが悪くなる前に
05.かげろう

それで、初期の曲がセットリストに多く含まれていたんだ・・・

Songsを書いた経緯を説明した後、CharさんはMCをこう締めくくった。
「30周年でまた何か一緒にやろうかなと思ってたら亡くなってしまった。
やろうと思った時にやらないといけないなとちょっと後悔した。」


スポンサーサイト

2006.03.17 | Comments(0) | Trackback(0) | Char

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »