スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

目が・・・

KAT-TUNのDVDを見ている。
先日発売されたデビューDVDの他に、コンサートを収めたものが2枚。
KAT-TUNに限らずなのだけど、最近の映像はカメラ割が細かくて目が疲れる。
TV番組もそう。しょっちゅうしょっちゅうカメラが切り替わる。

人間の目は2つしかなくて、それをつかさどるアタマはひとつだけ。
見るところは人それぞれだけど、一生懸命に見ている時には
それ以外のところはあんまり見ていなかったりする。
それぞれのニーズに応えるために、ひとつの場面をたくさんの
視点で見せようとしているのがカメラを切り替える意図だと
思うのだけど、これが実際の人間の目線とは全く違うと思う。
結果、いろんなモノをいっぺんに見ようとして結局何も見えなかった
という印象になってしまう。

特にダンスシーンはじっくり見えるほうが、こちらとしてはうれしいし、
演じているアーティストにとっても本意なのではないだろうか。
どんな振り付けなのかわかりにくいし、動きを見ようとすると
すぐに切り替わってしまう。ああもう、不満タラタラだ。

それに比べて…HANOI ROCKS "Live at Marqee"

marqee


カメラは恐らく…2台かな。
これが実に落ち着いて見られるのだ。
私が生まれて初めて買ったLIVEビデオはこれなので、勝手ながら
私が「ヨシっ!」と思う基準はこれだ。
ほぼ固定されたカメラがひたすらステージを捉え続ける。
パフォーマンスがじっくり見られるのはもちろんだけど、どうでもいい
動きも逃さない。
Samiのベースのストラップがはずれたとこ
AndyがMCの間にチューニングしてるとこ
これはこの作品中、二大"現代ならばカットなシーン"だろう。
だけど、そういうのがファンにとってはたまらないネタの1つなんだよね。

カメラを何台も使って映像ソフトを作るのが当たり前の今、
画質のいいブートビデオが私にとっては一番うれしいのかも。
なんたってカメラ1台だもの(^^;;;

スポンサーサイト

2006.04.04 | Comments(2) | Trackback(0) | MUSIC

コメント

おお、でました!マーキー!

だよねー!!!(いきなり)いや、ホント、同感です。カメラが動きすぎると、ライブ感が感じられないです~。自分もライブのビデオを撮ってもらったりしたとき、アップより全体で見たい、と思ってしまいます。←て、私の場合はアップに耐えられないだけ。

2006-04-05 水 16:53:49 | URL | DAMIEN #nLnvUwLc [ 編集]

恥ずかし続きで…

>カメラが動きすぎると、ライブ感が感じられないです~。
でしょ、でしょっ!!!
楽しめないんですよね…

>私の場合はアップに耐えられないだけ。
何をおっしゃいます!!!いや、ホントにね、「全体が見たいんじゃーー!」って、思いますよね。

で、マーキーはMarqueeが正しいつづりでした。
こちらもお恥ずかしい。
訂正させていただきます。

2006-04-07 金 12:56:04 | URL | K2 #bPnHBjPI [ 編集]

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »